部下との1on1、もったいない時間になっていませんか?

1on1が重荷になる時

部下の学習サイクルを活性化し、組織の課題解決につながることを期待して導入したはずの1on1。
せっかく時間をかけたのに、

  • 話題が発展せず、いつものアドバイスを話すだけになってしまった
  • 質問が詰問になってしまい、話やすい雰囲気を作れなかった
  • うまく質問できず、新しい気づきや悩みの解消まで至らなかった
  • 自分が伝えたいことを優先し、話題を誘導してしまった
  • 部下の話を整理するだけで時間がかかってしまった
  • 重要な話に行き着く前に、時間が終了してしまった

など、部下を持つ立場にある方からさまざまな悩みを聞きます。
ざっくりまとめると、1on1がうまくいかない要因は下記の3つに集約されそうです。

  1. 部下の話を引き出せない。
  2. 話すべきことを話せない。
  3. いつものパターンから抜けられない。

いかがですか?
あなたの悩みや課題もこの3つのどれかにあてはまるのではないでしょうか?

そして、もしあなたが、

  • これらは経験を積むことでしか解決しない
  • 自分にはそもそも1on1の適性がない

などと考えているなら、それは錯覚、あるいは大きな誤解です。

1on1の悩みを「スキル」で解決する

実は、このような悩みは全て「スキル」で解決できます。しかも、そのスキルはちょっとしたコツを知るだけで、誰でも、短期間で、簡単に、マスターすることができるのです。

それでは、ここで平本式がお伝えしている「スキル」をご紹介します。

1)聞き方のコツ

  • 部下の話にうなづく
  • あいづちを打つ
  • 部下の言葉を繰り返す
  • 部下の表情を真似る
  • 部下の話すスピードに合わせる

この5つを意識してみてください。
場の空気がガラッと変わり、部下が圧倒的に話してくれるようになります!

2)話題(共通のテーマ)を選ぶコツ

  • フォーマットを使う

まず、共通のフォーマットを使って問題や課題を整理しましょう。
その上で、話題にするべき共通のテーマを見つけ出す。
そうすれば、重要な話題に時間をたっぷり使えるようになります!

3)パターンを超えるコツ

いつもの思考パターン、いつもの解決方法から抜け出す鍵は3つ。

  • 状況や思考をクリアにする「見える化
  • 未来から逆算する「バックキャスティング
  • 質問に答えやすくする「オープンクエスチョン

この3つを実践すれば、建設的な1on1が展開し、部下の意識と行動が驚くほど変化します。

いかがですか?

「1on1は60分以上でないと効果が出せない・・・」
そんなことはありません!

平本式の技術を身につけると、1分でも、15分でも、30分以上でも、時間の長さに左右されることなく、1対1の会話の質が劇的にあがり、生産性がアップします。

これらのポイントを意識するだけでも十分に変化は起こりますが、実践するコツを基礎からしっかり身につけたい方のために、ピッタリの講座を開催します。2021年に、最高のチームを作るためにぜひご参加ください。

自走する部下が育つ!1on1とコミュニケーションの秘訣
1月16日(土)13:00-17:00
オンラインで開催

自走する部下が育つ!1on1とコミュニケーションの秘訣

>平本式・影響力が身につく4stepスタディシート

平本式・影響力が身につく4stepスタディシート

簡単なスキルを手順どおりに実施するだけで、あなたが、今、どんな立場やポジションだとしても、 チームに対して、大きな影響力を与えることができる4つのステップとそれぞれの具体的な方法について解説しました。ボリュームのある資料ですが、ご希望の方は、無料でお読みいただけます。 どうぞご覧ください。

CTR IMG