• TOP
  • 断れないのはどうして?

断れないのはどうして?

  • 寄り添う&心理カウンセリング

人の顔色をうかがって生きてきたら、本当にしたいことがわからなくなっていた

平本式スタッフ永田順子です。今日ご紹介するのは、責任感が強く、「頼まれるとイヤと言えない。引き受けてしまうんです、、、」そんな風に話す、松宮 真由さん(仮名)28歳のエピソードです。

真由さんはキュートな笑顔が、同性から見ても魅力的な女性。
メーカーの営業事務として、6人の営業メンバーのアシスタントをしています。

メンバーは皆いい人で、楽しく仕事をしているのですが、仕事を頼まれると、どんなにいっぱいいっぱいでも断れない、、、
笑顔で「はい!やります!」とつい、言ってしまう。

休みの日も、ほんとは、家でゆっくりしたいなあと思っても、彼に「休みの日は、1日中、真由と一緒に過ごしたい、、」と言わると、朝から出かけて、体調を崩してしまったり、、、、

そんな日々のことを友人に話していたら、こう問われました。
「真由、あなたは、本当はどうしたいの?いつも、人の顔色をうかがっているみたい、、、、」

真由さんは、ドキっとしました。
そう、いつも、人の顔色をうかがって生きてきたことに、うすうす気づいていたのです。

刻み込まれた「私は、生まれてきてはいけなかったんだ、、、」と言う信念

真由さんのお父さんは地元で愛され、3代続いてきた、精密機器の工場の経営者。
「男の子に継がせたい」と、親戚一同が、男の子の誕生を期待している中、女の子として生まれました。

もちろん、可愛がられて育ちました。でも、小学生のある日、親戚の集まりの時に、「真由ちゃんが、男の子だったらよかったのにねえ。。」おばさんたちが、そう言っているのを真由さんは聞き、その場に凍りついてしまいました。

大人の何気ない、茶飲み話だったかもしれませんが、、真由さんの心には、「私は、女の子として生まれてきてはいけなかったんだ、、、」そんな信念が、刻まれてしまいました。

未完了の感情を完了させ、新しい信念を手に入れる

真由さんも、頭では理解できます。「私は、男の子じゃないけど、ちゃんと両親に愛されて育ってきた」と。
でも、心の奥底で「私は、生まれてきてはいけなかったんだ、、、」という信念(思い込み)が、自分らしい人生や、自分らしい幸せを味わうことの足を引っ張ることがあります。

このような時には、一旦、その「信念」(思い込み)が形成されてしまった、具体的なシーンを思い出し、

「この時は、本当に辛かった、悲しかった。
その時に、私は、
生まれてきてはいけなかったんだ、、
そう”思い込んで”しまったのも仕方がなかったよね、、、」

と、当時の感情を再体験し、「未完了の感情」を「完了」させます。
その上で、新しい信念を作っていくことができるのです。

真由さんも、そのプロセスをたどる事で、「ありのままの私だから愛される」という、新しい「信念」を手に入れました。

あわせて、相手を傷つけない「NO」が言えるコミュニケーションスキルも学びました。

相手を傷つけない「NO」が言えるコミュニケーションスキル

今では、
「〇〇さんの仕事、すぐお手伝いしたいけど、今日は××の締め切りで難しくて、、明日の朝、一番でしたら、できます!」
と、軽やかに受け答えできるようになり、ますますチームメンバーの信頼を得ています。

真由さんは、カウンセリングセミナー4日間で体験したことを自分自身のセルフカウンセリングや、セルフマネジメント(自分自身の感情や行動のマネジメント)にフル活用。
仕事のパフォーマンスも上がり、昇進の話も出るようになりました。

チームの営業の社員とも、雑談がてら、仕事の悩みを聞いているだけで自然にカウンセリングをしてしまっているようで、
「真由さんと話すと、スッキリする!」と、言われるようになりました。

あらゆる悩みに対処できる実践的で体系的な心理学を学んだ事で「これから、結婚、子育てにも、一生、役立ちそうです!」
そう語る、真由さんは、心の底からの笑顔が輝いています。

一緒にいると、こちらまで幸せな気持ちが伝染してきます!

人は誰でも、無限の可能性がある。幸せになる権利がある。
そのことを、これからもお伝えできたら嬉しいです。

寄り添う&心理カウンセリング の最新記事

BACK TO TOP