• TOP
  • コミュニケーションデザインコース

チームや組織の人間関係を改善 COMMUNICATION
DESIGN
COURCE
コミュニケーションデザインコース

  • EXPERT COURSE
  • 2days
  • EXPERT COURSE
  • 2days

「人に頼れない」
「メンバーの強みや才能を活かせていない」
「意識がバラバラで活力がない」と感じる方

なぜ、目標設定しても、
メンバーの力が
発揮されないのか?

  • ・目標で管理し、賞罰でやる気を引き出すことの限界を感じている
  • ・指示命令で人を動かせる時代ではない、かといって、寄り添ってもパフォーマンスはあがらない
  • ・責任追求や減点主義に、疲れてしまった

あなたが今、こんなふうにモヤモヤした気持ちを抱えているなら、その原因は、古い常識に捉われてしまっているからかもしれません。

人を管理し、指導や責任追求するほど業績が低下、
そのパラドックスから解放され、
コミュニケーションデザインでチームの成果をあげる

やる気のないメンバー、頼れない上司、疲弊した雰囲気、画一的で面白味のない仕事…、それらは、コミュニケーションの方法を変えるだけで、ガラッと大きく変わることをご存知ですか?

人は、環境に合わせて変わる生き物です。あなたが、心理学やコミュニケーションのスキルで、チームの環境に働きかけることができれば、どんな立場からでも、チームや組織を変革することができます。ビジネス現場だけでなく、教育現場や家庭、地域などでも役立つ、普遍的なメソッドです。

「聴き方」と「言葉がけ」を変えるだけで
チームのコンディションと業績は劇的に改善

個人のやる気とチームの目標が連動することで、業績に直結

賞罰などで会社の思い通りに人をコントロールしようとしても、コストが多くかかる割には、人のやる気は続かず、圧倒的なパフォーマンスを引き出すこともできません。ですから、一人ひとりから、ワクワク感が止まらないような、感情が伴うやる気、つまり、「内的モチベーション」をもとに仕事のやりがいを持てるようサポートするだけで、仕事へのやる気が一気に変わります。個人の「内的モチベーション」は人それぞれ固有のものですが、チームや組織のミッションや業績と連動する目標設定をすることで、多様性のあるメンバーが、一体感を持って、目標に向けて自走できるようになります。

心理的安全性のあるチームは、アイデアや率直な意見が飛び交う

「対人関係に不安がないチームはパフォーマンスが高い」と、心理的安全性の権威、ハーバード・ビジネススクール教授のエイミー・C・エドモンドソンが伝えていることは有名です。チームで、どんな立場であれ、キーパーソンが一人いて、心理学を理解し、周りの人と積極的にコミュニケーションをとることで、チームの雰囲気とチーム内で交わされるコミュニケーションの質を劇的に変えることができます。しかも、それは、日常の中で、7秒-10秒ほどの短いフレーズの繰り返しで、実現することができるのです。失敗を恐れず、ミスを隠さず、アイデアや意見が飛び交うチームは、行動や改善が早く、圧倒的なパフォーマンスを発揮します。

価値観や意見の違いを認め、協力し合えるから、改善スピードが速くなる

価値観や意見の違いを埋める必要はありません。その違いを認め合い、多様性をベースに、個性を活かしながら協力し合えるようになれば、チームとして最強のパワーを発揮できます。例えば、若くて経験はないけれど新しい視点を持っているメンバーも、新しい発想は少ないけれども経験豊富メンバーも、どちらをもイキイキと活躍できるチームになれたら、どうでしょうか?そのようなチームを実現するためには、メンバーたちの隠れた才能、ユニークな着眼点、口に出してないアイデアなどを、聴き出し、みんなでシェアし合い、対話や議論を促進する役割を、誰かが担う必要があります。

「言うとおりにやれ!」自分の意見を押し付けるのを辞め、部下が動くように。子どもとの距離も近くなりました。

塾経営 40代 男性

Before
「僕の言った通りにすれば結果が出るのに、なんでやらないんだ!」「そんな考え方してるからダメなんだ!!」キツい態度に、部下はつまらなそうにしていました
After
社員一人ひとりの価値観や考え方を聴き、本人のやる気が湧いてくるような関わり方ができるようになると、積極的に仕事をしてくれるように変わりました。僕がスタッフの「やる気」や「強み」を引き出すように関わったことで、スタッフたちは、その先の生徒のやる気を引き出せるようにもなったんです。

本業のチームビルディングと副業のオンラインサロン、トライ&エラーでチャレンジ

メーカー勤務 30代 男性

Before
自分の意見に対して、反対意見をもらうと、「否定された」と感じて気持ちが萎えてしまったり、迷ってブレてしまいうまくいかない…
After
意見の違いを「そういう考え方もあるよね」「じゃあ、次どうしようか」と解決策を考えるスピードや柔軟性が身につきました。自信がない部下にも、「ヒーローインタビュー」や「7秒コーチング」の関わりを日常的にしたところ、どんどん前向きになってきて「こんな方法はどうですか」と僕に提案してくれるように。みんなで一緒に変革ができているような感覚がすごく良いです。

Real

 Voices

なぜ、一般的なチームビルディングやコーチングだけでは、
成果が出にくいのか?

  • 1

    メンバー同士が仲良くなっても、業績には直結しないから
    メンバー同士が仲良くなるだけだと、逆効果に働くことも少なくありません。仲良しグループに留まってしまうと、嫌われないように率直に意見が言えなくなったり、同調圧力、自己犠牲や責任感の押し付け合い、一方で、ゆるい雰囲気に甘えてサボる人、派閥問題などが発生しやすくなります。では、どうしたらいいのか?自分のアイデアや意見を率直に伝え、失敗をも共有しやすい、本来の「信頼関係」を作るメカニズムを理解することが重要です。
  • 2

    1to1のコーチングや面談だけでは、チームの雰囲気が悪いままだから
    メンバーと1対1でしっかり話を聴き、対話することも重要です。しかし、その前に、チームや組織に心理的安全性がなければ、逆効果になってしまうことも少なくありません。メンバー同士で情報共有がなかったり、上司からダメ出しされてばかりなど不安な人間関係の影響が大きいからです。そのような状態では、いくら1on1に取り組んでもパフォーマンスが上がらないばかりか、双方ともに時間の浪費となり、忙しさは増すばかり。パフォーマンス低下の悪循環になってしまいます。
  • 3

    「思考」や「言葉」だけでは、人の本質や感情に伝わらないから
    書籍やメディア、人からのアドバイスから、正しくて役立つ情報を得ることができても、「考え方」や「ことばの使い方」でしかなければ、人やチームを本当に変えることは難しいでしょう。なぜなら、人は正しい考え方がわかっても実際に動くわけではないからです。人は感情で動く生き物。感情や行動のメカニズムを理解し、そこにダイレクトに働きかけるアプローチを学び、身につけることが重要です。
  • 1

    「聴き方」と「言葉がけ」をマスターし、個人の本当の欲求を仕事で満たせるようになるから「やる気」が持続し、主体的な「行動」が増える。
  • 2

    「心理的安全性の高いチームデザイン」をマスターし、人間関係の不安がなくなり、個性が尊重され、目的意識を育み、アイデアや意見が飛び交うチームに大変身。

“世界最高水準の心理学とコーチングを活用、
チームのあり方と業績が大きく変わる、6つのポイント”

  • 1

    「感情の扱い方」で「やる気」が持続する
    ワクワクした体験や仕事で悔しかったことなど、感情を伴うエピソードから「内的モチベーション」が見つかります。掘り下げることで、仕事のやりがいとして満たす方法も見つけやすくなるのです。
  • 2

    4つのレベルの使い分けで仕事のやる気は必ずあげられる。
    目の前の案件、仕事での役割、将来のキャリア、プライベートの充実など、さまざまな切り口からやる気の源泉を見つけ、誰でも、どんな人でも、目の前の仕事への目標設定に活かすことができます。
  • 3

    「聴き方」を変えることで、相手のパフォーマンスが劇的に良くなる
    仕事では「評価・判断・分析」モードで相手の話を聞くことが一般的ですが、それよりも「相手の関心に関心を持つ」聴き方のトレーニングで、相手から有益な情報を短時間で引き出すことができるようになります。
  • 4

    承認、感謝の伝え方のコツで、チームのコンディションが整う
    7秒〜10秒くらいでできる「承認」や「感謝」の声かけのコツを練習し、日々の実践を積み重ねることで、チームの雰囲気は劇的に良くなります。
  • 5

    リーダー自身が失敗を受け入れ、自己開示の影響力を行使する
    リーダー自身や失敗や辛い体験を受け入れ、必要なタイミングで自己開示できることは、チームメンバーに安心感や信頼感をもたらします。
  • 6

    複雑な問題も「見える化」で共有と解決のスピードアップ
    チームの人間関係や感情を伴うような複雑な問題も「見える化」すれば、短時間・少ない労力で、解決ポイントを見つけることができ、効率的で圧倒的なタイムパフォーマンスを発揮できます。

チームや組織の心理的安全性が保たれ、価値観からやる気を引き出せると、メンバーたちが活き活きと個性を活かしながら活躍できるようになります。貢献に感謝し合い、幸せと業績アップの好循環が巡る、そんな変革をあなたの手で実現してみませんか?

「聴き方」「言葉がけ」と
心理的安全性の実践スキルを学ぶ2日間

DAY1

やる気のメカニズム、複雑な人間関係や問題を扱う方法
価値観やビジョンを仕事のやる気につなげる方法や、人間関係を見える化し改善策をすぐに見つける方法など、チームや組織で起きているありとあらゆる問題課題を解決するための考え方や方法をリアルなケースを通して学びます。

DAY2

心理的安全性のメカニズムとすぐに使えるスキルの習得
相手のパフォーマンスを向上させる「聴き方」、影響力を行使する「自己開示」、チームの雰囲気をよくし潤滑油となる「声のかけ方」など役立つコミュニケーションを練習します。

WEEK1

メンタルマネジメント朝活
毎朝15分、仲間と一緒にオンラインによる朝活プログラムで定着

すぐに実践できる方法を身につけるから、「明日から使える」。リアルケースを扱い、机上の空論や精神論は一切ありません。本質的、かつ、実用的な体系からプログラムを作っているので、初めて学ぶ人でも、ステップバイステップで取り組めて、効果が出やすい。

Our
  Program

メイン講師

AKIO HIRAMOTO 平本 あきお

アドラー心理学修士/メンタルコーチ
カウンセリング・コーチング・瞑想のプロ
米国アドラー大学院修士号取得
(Adler University M.A. in Counseling Psychology)
東京大学大学院教育学研究科修士号取得(臨床心理)

オリンピック金メダリスト、メジャーリーガーなどのトップアスリートや有名俳優、上場企業経営者をコーチング。産業、医療福祉、教育、政治、芸能など各業界のリーダーや、起業家もサポート。9万人以上に研修。

米国イリノイ州シカゴにて、アドラー大学院修士号(Adler University M.A. in Counseling Psychology)取得。東京大学大学院教育学研究科修士(専門は臨床心理)。

大学卒業後、病院での心理カウンセラーや、福祉系専門学校の心理学講師を歴任。 1995年阪神淡路大震災で両親を亡くしたことを機に、一念発起して渡米。アメリカでは、小学校や州立刑務所、精神科デイケアなどに、コーチングを初めて導入した。 2001年ニューヨークテロ直後、日本に帰国し起業。

「人が幸せになる、科学的で体系的な方法を見つけたい!!」
10歳から探し求め、世界中の心理学、カウンセリング、コーチング、瞑想を統合し、包括的で再現性のあるオリジナルメソッドを30年以上かけて開発。

「みんなにとって、本当はどうなったらいい?」
目的論コミュニケーションでチャレンジを応援しあう社会を目指し、
「自分と周りの人たちを幸せにする人生のリーダー」を育てる平本式3ヶ月コースを主催。 自己変革、組織変革、社会変革のための『人生変革メソッド』を伝え続ける。

研修導入企業:ソフトバンク、本田技研工業、三菱UFJ銀行、富士通、旭化成、大和ハウス工業、他数百社

SNS:YouTube

サブ講師陣

JUNKO NAGATA 永田 順子

扱う領域、得意分野

メンタルコーチング / カウンセリング

2006年入社後、運営・集客業務に幅広く携わりながら、メンタルコーチ/カウンセラーとして2500人以上の「人生ターニングポイント」を後押し。ベーシックスキルのトレーニング開発に才能を発揮し、講師として不動の人気を確立。前職では、流通大手企業で17年勤務し、売場マネジャー、本部スーパーバイザー、新店舗立ち上げ等を経験。

2006年入社後、運営・集客業務に幅広く携わりながら、メンタルコーチ/カウンセラーとして2500人以上の「人生ターニングポイント」を後押し。ベーシックスキルのトレーニング開発に才能を発揮し、講師として不動の人気を確立。前職では、流通大手企業で17年勤務し、売場マネジャー、本部スーパーバイザー、新店舗立ち上げ等を経験。

NORIKO YOSHIMI 吉見 紀子

扱う領域、得意分野

メンタルコーチング / カウンセリング

鎌倉市出身。法政大学大学院建設工学科修士卒業。工務店で現場監督として8年勤務するかたわら、一級建築士を取得。過労により身体の不調を起こし、心理学に興味を持つ。20年勤務した会社から、独立し設計事務所を設立。並行してコーチ/カウンセラー/研修講師としての活動に携わる。

鎌倉市出身。法政大学大学院建設工学科修士卒業。工務店で現場監督として8年勤務するかたわら、一級建築士を取得。過労により身体の不調を起こし、心理学に興味を持つ。20年勤務した会社から、独立し設計事務所を設立。並行してコーチ/カウンセラー/研修講師としての活動に携わる。

よくあるご質問 FAQ

  • Q 受講生の属性や性別、年代は?業界・業種は?

    経営者、管理職、専門職・一般社員、フリーランスの方が、それぞれ1/4づつの割合です。男女は約半々、年齢は30代-50代の方が多いです。
    業界や業種は様々で、IT・メーカー・金融・エネルギー・土木建築・サービス・教育・介護福祉・医療分野の方や、士業・講師・コンサルタント・コーチ・カウンセラーの方や独立志望の方も多数参加されています。

  • Q 心理学やコーチングは初心者でも大丈夫ですか?

    大丈夫です。プロの講師やコーチとして既に活動している方から、まったく初心者の方まで、どなたからも満足いただいています。3ヶ月間で、大量のことを体験的に学びますが、その後も実践を継続しながら、数年かけてマスターしていく方もいらっしゃいます。自分のペースで取り組みましょう。

  • Q マネジャーではない人も参加できますか?

    はい。マネジャーの方は全体の1/4くらいの割合です。管理職を目指している若手の方や、家庭で夫婦関係や子どもの問題に向き合いたい方もご参加されています。また、休職や転職活動中でキャリアを模索しながら次の職場で組織づくり等に取り組みたい方のご参加も大歓迎です。

2つのお申込み特典(全員) special offers

special1

30分のコーチング
セッション、
プレゼント!

  • プロとして活躍するコーチによる本格的なセッションをプレゼント。後日、オンラインで30分、マンツーマンの贅沢な時間です。

special2

全額返金補償
あなたにリスクは
ありません

  • 2日間のすべての時間の講義と実習に参加し、効果を感じられないとお申し出の場合、全額返金させていただきます。

対話型マネジメントコース概要ご希望の日程を1つお選びください。(各日程、内容は同じです)

開催日時 the date and time

コミュニケーションデザイン概要ご希望の日程を1つお選びください。(各日程、内容は同じです)

2024年2月24日~25日(土日)9:30~18:30 【オンライン】
└この日程は、リーダーシップコース17期のDay1-2となるため、17期生と一緒に参加していただきます

2024年5月25日~26日(土日)9:30~18:30 【オンライン】

2024年7月20日~21日(土日)9:30~18:30 【オンライン】

2024年8月10日~11日(土日)10:00~19:00 【赤坂会場】
└この日程は、リーダーシップコース18期のプレ開催となるため、18期生と一緒に参加していただきます


会場開催のため、定員が限られております。お早めにお申し込みください。

  • ※各日とも終了時間が前後30分ほどずれる場合がございます。
  • ※ 開始10分前よりZOOMの使い方の説明や練習のためのお時間がございます。

参加費 Entry fee

参加費

  • 132,000円(税込)
  • ※本コースのカリキュラムは、リーダーシップコース(3ヶ月)の初日&2日目と同等の内容です。受講後即日でリーダーシップコース(3ヶ月)へ参加申込の場合は、参加費を充当し、差額でお申込が可能です。
BACK TO TOP