• TOP
  • 自分軸で英語塾をスピード起業、その後も順調!の30代女性

自分軸で英語塾をスピード起業、その後も順調!の30代女性

  • 卒業生インタビュー

やりたいことが明確に!学ぶ期間中に英語教室の開校を決め、起業したストーリー〜 子どもたちが「やりたいことを言葉にして実現する」英語教室とは? 〜

本記事は、現場変革リーダーコース(全12日間)が終わったあと「受講生にどのような変化があったか」をインタビューし、その内容から抜粋してまとめたものです。

今回、インタビューに快く協力してくださったのは、まよちゃんこと北口真代さんです。受講中からも大きく変化があったまよちゃん。その様子も併せてご覧ください。

北口真代さん(まよちゃん)
世界で活躍するためのコミュニケーション力を身につける英会話教室Sparkle経営者
幼少期を約7年間アメリカで過ごす。日本に帰国して大学を卒業。IT企業の営業や女子大の留学サポート後、起業を決意。現在は、京都で英会話教室を2店舗経営している。

https://sparkle-laboratory.com

留学サポートした生徒のキラキラした姿が転機に!

幼少期は7年ぐらい海外で過ごし、日本に帰国後はサラリーマンとして働いていました。
たまたまご縁があって、女子大での留学サポートをする機会があったんです。

その時、学生さんに私の経験を伝えると、目を輝かせて「キラキラ」してくれるんですね。
「学生さんがやりたいことに向かっていく。」
その姿を見るのが嬉しく「もっと教育に関わりたい」そんな夢が膨らんでいた時に、平本さんに出会いました。

現変で自分がやりたいことが明確になった

平本さんとお話しして明確になったことがあります。
それは「本人の個性を認める」ことの重要性です。

実は、海外では他の生徒との比較をあまりしません。
生徒それぞれで違いが大きいからです。

それぞれの個性を「認めて」そこから初めてコミュニケーションが始まるという感覚があります。
これこそが、私が一番大事にしたいことでした。

起業しよう!でも、何しよう?

起業しよう!と会社を辞めたタイミングで現変に参加しましたが、起業して何をやるかまでは具体的に決めていませんでした。

教育に関わりたいということは、幼稚園とか、保育園かな?なんて、ぼんやりと考えていました。
でも、平本さんと関わるなかで明確になっていったのは、

・自分の得意な 「英語」を使う
・子どもたちは「自分がやりたいことを言葉に出し、実現する」

そのサポートがしたい!ということです。

生徒一人ひとりと向き合った結果、口コミで生徒数が3倍に!

やることが決まってからは、トントン拍子に事が運びました。

4月と5月に、1店舗ずつ京都で英語教室を開業しました。当時はまだ平本式3ヶ月コースの途中で、夜行バスで東京に通って、心理学やコミュニケーションを学んでいる最中でした。最初の生徒数は9人でしたが、その後40人ほどに増えました。

広がった理由はほとんど口コミです。たった2か月で2店舗も開業できたのは、「生徒一人ひとりを大切にして向き合おう」という姿勢が認められたからだと思います。

保護者さんからは「英会話教室から子どもがとても楽しそうに帰ってきます」って言ってもらってました。また、保護者さんと面談していると、ご近所さんや同じ学校のママ友の間で口コミを広げてもらったりして、今月も3人入会してくれました。

コーチング的な関わりで子どもたちの点数がどんどんアップ

英会話教室では、コーチングをベースにした関わりや「現場検証」が役に立っています。

保護者さんが「英語の点数を伸ばしたい」と入会してきた中学生の生徒さんの例だと、「この子はどうやって考えているか」を、その子の目線に寄り添って聞いてあげるんです。

「なるほど、そうやって考えたんか。じゃあ、こっちの見方もあるよ」って教えてあげると、生徒さんも納得しながら、正しい答えをすり合わせていけるんです。

そうすると、点数がどんどん上がっていくんですね。

他にも、数学がすごく苦手な生徒さんもいたんですけど、勉強の仕方を寄り添って教えてあげたら、自分から勉強するようになったそうなんです。

「英語しか通っていないのに他の教科も点数が上がった!」と嬉しそうに報告してくれました。それを聞いて、私もすごく嬉しかったです。

※現場検証とは
「その時に何が起こったのか」を自分の目線や相手の目線、俯瞰目線で理解することです。

コロナの影響は?

コロナにより、緊急事態宣言で学校が休校になった時は、教室自体は閉めざるをえませんでした。
ただそのなかでも、オンラインならできるかな?とかこれまでにない取り組みを行っていました。

学校が再開した後は、感染症対策をしながら対面で教室が開けています。
保護者さんたちも安心して通わせてくれています。

やっぱり、「教育は止めたらダメ!」と思っているので、その想いでやっています。

英語を通して実現したいこと

今はコロナで難しいのですが、実際の経験もすごく大事ですので、「子ども留学」の事業も少しづつできたらいいな、と考えています。これからも英語を通して、子どもたちの考える力をもっともっと広げていきたいです!

いかがでしたか?現場変革リーダーコース(全12日間)を受講した後のまよちゃんに起こった変化。次はあなたが体験してみませんか?

本記事は、まよちゃんのお話を要約したものです。
実際のインタビュー録画はこちらからご覧いただけます【外部リンク】

writing by Takaaki yasui

卒業生インタビュー の最新記事

全ての学びをリソースに!過去の学びと平本式(後編)

平本式卒業生インタビュー:難波 清(なんば きよし)さん 今回はライフキャリアデザイン2日間コー…

  • 卒業生インタビュー
  • 2022.5.11
ワンマンで成果を出していたビジネスリーダーが自分軸でチームマネジメント

ワンマンで成果を出す→「チームの力を引き出す」リーダーとして成長の軌跡 …

  • 卒業生インタビュー
  • 2022.1.4
自分軸を確立して、仕事のやりがいがアップ。個人事業主として複数の事業展開

なんとなくだった書道教室が自分軸を満たす場所になり、社会を盛り上げる一員へ ~ 「人…

  • 卒業生インタビュー
  • 2022.1.28
DCD講師インタビュー②3ヶ月のチャレンジとビジョン

アドラー実践 ドリカムダッシュ(以下:DCD)講師を担当する梶谷希美さん(のんちゃん)。 参加者の…

  • 卒業生インタビュー
  • 2023.9.20
完璧主義の医療現場に目的論コミュニケーションを導入

ミスが許されない医療現場で「完璧主義から脱却」リーダーの奮闘 平本式・…

  • 卒業生インタビュー
  • 2020.1.16
ワーホリ、転職…人生のどん底からの転機(前編)

平本式卒業生インタビュー:富永 早佑未さん 今回はカウンセリング4日間集中コース / 現場変革リ…

  • 卒業生インタビュー
  • 2022.3.30
BACK TO TOP