• TOP
  • 【目的論で考える子育て~自立と協力~】 ”学校という社会の中で何を学ぶのか?” その3

【目的論で考える子育て~自立と協力~】 ”学校という社会の中で何を学ぶのか?” その3

  • 専門家コラム

元小学校の先生で、現在は子供達と関わる先生に向けた塾「未来学園HOPE」を運営されている梶谷希美さんへのインタビューをもとに、親である私たちが持っておきたい”心得”をお伝えするコラム。

前回同様、”しつけ” という観点で、学校に行くことでどのような事が学べるのか、どのような意味があるのかについて、みていきたいと思います。

梶谷 希美さん(のんちゃん)
小学校の教員を10年以上、崩壊クラスの立て直しを毎年行う。先生のための塾「先生塾」を開校したいという目標ができ、起業。その他にも、教育プラットフォーム「未来学園HOPE」の立ち上げ、書籍の出版(先生の時間はどこへ消えた?-仕事の時短仕分け術-/学芸未来社)など活躍の幅は多岐にわたる。

プライベートでは歌うことが趣味。

宿題や発表をすることの意味は?

学校から帰ってきたあと、宿題をしない我が子。
いつまでたってもしないので、「宿題しなさい!」と叱る毎日。

でも、本当はこんなこと言わなくても自主的にやってほしい。
そう思いながらも、つまらなさそうに宿題をする我が子を目の前に、ため息をついているお母さんへ。

お母さんご自身は、宿題をすることや授業中に手を挙げて発表することなどに、どんな意味があるのか考えたことはありますか?
また、宿題や発表が今どのような場面で役に立っているかわかりますか?

梶谷さんの考え方をもとに、お子さんへの適切な関わり方を紐解いていきたいと思います。

梶谷さんからのアドバイス ”ここが大事!”

梶谷さん

宿題や授業において手を挙げて発表するということは、私個人的に「絶対にやるべきものではないが、やったほうがいいもの」と思っていて、子どもたちにはあの手この手を使って関わっていました。

そのなかでも大切なのは、やる意味や目的、メリットを伝える事。

実は宿題においては、宿題をやっていると勉強ができるようになるということは、学術的に証明されているものではありません。
そのうえで、宿題をするという行為がどのように将来に繋がるか、という視点で子どもたちに伝えます。

「宿題は、やると言ったことをきちんとやること。そのためにあります。連絡帳に”漢字3文字”と書いた時点で、やると宣言したこととみなします。
これは、将来社会に出て仕事をするときに、人と人との約束や、期日を守る、仕事の役割を果たすために、練習をしているのです。やらなくて困るのは私ではなくみんなです。自分で決めていいです」と。

そして手を挙げることについてのメリットはこのように伝えます。

「やる気があるということを見せることは大切で、仕事でもやる気がある人に仕事を任せたいと思うもの。
今の皆さんは正直、やる気がなさそうに見えていて、このままだと通知表のやる気を見る項目がBかCになるでしょう。
先生にとって一番やる気があると見えるのは手を挙げることです。そしてもう1つあって、皆の前で話すということは学習の定着もするし、頭も働く。発表が上手になります。いいことしかないと思いますよ」
と言うと、バッと手が挙がるのです。

決して手を挙げることだけに執着しているのではなく、やる気を見せる方法はいくらでもあること、苦手であればノートをたくさん書くとか、宿題+@を書いてもってくるとか、そう言ったことも評価に繋がるのだというところを伝えることで、子どもたちなりに自分のできる方法で、やる気を見せてくれるようになるのです。

解説
学校生活において勉強ができることも大切な事だと思いますが、社会で生きていくための礼儀も大切にしたいものです。

今回は宿題や発表を例に挙げていますが、学校生活では勉強だけでなく、

  • 態度
  • 生活習慣
  • ルールの遵守
  • 集団生活における人との関わり方

など、色々なことを学べます。

社会に出て評価をされる立場に立った時に、内容の精度や期日を守ることはもちろん大切ですが、それに加えて気を利かせる、やる気を見せるために適切な場面でうまくアピールをするなどの ”上手に自分を良く見せる力” は評価に大きく影響してきます。

これらは小さいころからの訓練で鍛えられていくもの。
大人になってから修正しようとすると、本当に苦労するものです。

  • 勉強はしなきゃいけないものだ!
  • 授業では手を挙げて発表しなさい!

では、子どもの心は動かないどころか、余計に苦手意識を増長させてしまいます。

これをすることで

  • 将来の自分にとってどう役に立つのか
  • そもそもどのような大人になりたいのか
  • そのためにどう振る舞うべきか

ということを子ども自身が考えられることで、1つ1つの行動に意味づけをすることができるのです。

学校という子ども社会のなかでも、多くのルールが存在し、なかには疑問に思うルールもあるでしょう。
ですがこれは、大人社会でも同様です。

置かれた環境、ルールの中で自分にとってどのような意味があるのか、時には変える必要があるものなのか、我が子がそういったことを考えられる大人に育つと、とても頼もしいなと感じませんか?

1つ前のコラムでも書いたように、大人も子供と一緒に考え、今からでも変えられることは沢山あります。

家庭の中でも、普段の会話のなかで

  • 「どうしてこんな決まりがあるんだろう」
  • 「どうしてこれをやらなければならないんだろう」

と話し、自分たちなりの目的を見いだせるよう、一緒に考え続けることが大切なコミュニケーションになるのではないでしょうか。

専門家コラム の最新記事

カウンセリングのヒント:白紙で共感の「白紙」って、どうやればいい?

"白紙で共感" ・・・カウンセラーの基本姿勢であり、カウンセリング全体で使う基本的な聴き…

  • 寄り添う&心理カウンセリング
  • 2022.12.6
【働くママ・パパを応援】子育てのヒントVol.7 子ども同士のケンカ、本当に止めなくていいの?

仕事に家事に育児に・・・時間に追われる毎日。そんな働くママ・パパ達へ。 元小学…

  • 専門家コラム
  • 2022.5.17
頑張るパパ・ママがついやってしまいがち!な子育てVol.2 出来ていないところを指摘し続けるパターン

子どもが関わる全ての場面に気を配っているお母さん達へ。 食事、睡眠などの生活習慣か…

  • 専門家コラム
  • 2022.6.3
カウンセリングのヒント:モーニングページを続けるとどうなる?

平本式心理カウンセリング4日間集中セミナーで練習した「モーニングページ」。 「3週間は続けてく…

  • 寄り添う&心理カウンセリング
  • 2023.4.3
カウンセリングがなぜ必要なのか(後編)

こんにちは、ニシティです。カウンセリング実践コースで講師をしています。 前回の「カウン…

  • 寄り添う&心理カウンセリング
  • 2022.12.5
やる気のない人のやる気はどう上げるのか?

こんにちは、Julieです。 あなたの周りには、何かとやる気の感じられない社員いな…

  • ピックアップ
  • 2023.5.10
BACK TO TOP