• TOP
  • 濱松英生さん 組織全体が萎縮→目的論で協力し合える組織へ

濱松英生さん 組織全体が萎縮→目的論で協力し合える組織へ

  • 卒業生インタビュー

危機的な状況から、数ヶ月で組織改革

平本式卒業生インタビューvol.1
今回は、企業マネージャーから研修講師として独立された濱松英生さんにお話を伺いました。

濱松英生さん
1970年静岡市生まれ。物流会社に25年勤務、出向先の作業会社を経営トップとして改革。売上倍増、黒字転換を果たした。その原動力となった1on1とチームビルディングの経験を基に、2017年に独立。webプリント会社フェロー、大手電機メーカーの研修などを請け負い、離職者の激減や、セルフマネジメント組織の確立に成功する。2019年に場作りカウンセラーを法人化。オンラインによる1on1を年間500セッション行いながら、クライアント企業様の1on1定着をサポートしている。

労働時間の急増。スタッフたちは、精神的にも追い込まれて

平本式

濱松さんが企業の子会社トップとして責任者を務めていらっしゃった頃、ある部署で危機的な状況に追い込まれたそうですね。その時の状況を教えていただけますか?

濱松さん

新しい仕事を受注したことをきっかけに、スタッフの労働時間が急増してしまい、慣れない業務の中ミスも多発し、リカバリーで残業時間がさらに伸びてしまう。
疲れからくる身体の不調で休むスタッフも出てきてしまい、残ったメンバーでそれをカバーする。
さらに終わらない仕事に、不平不満が増える一方・・・。
スタッフを新規採用しても、教えてはすぐに辞めてしまう状況で・・・。
残ったスタッフたちは、精神的にも追い込まれていきました。

平本式

それは、大変な状況ですね。

濱松さん

ミーティングでも、お互いに、ミスや間違いを指摘しあい、「自分に責任がこないように」「これ以上忙しくならないように」と、保身に向かうようになりました。
組織全体が萎縮した雰囲気になっていたと思います。 私自身も、ついつい、ダメ出しをしたり、よかれと思ってしたアドバイスが逆効果になっていました。

藁をも掴む心境で学び、自分自身のコミュニケーションを変えてみることに

濱松さん

その当時、アドラー心理学に興味を持っていたので、藁をも掴む心境で学び、自分自身のコミュニケーションを変えてみることにしました。すると、予想を超えて、事態は好転していき、自分でもびっくりしました。

平本式

どんな風に変えてみたのでしょうか?

濱松さん

まず、会議のやり方を変えました。
工場の工程でミスが頻発した時のことです。
「どうしてそれが起きてしまったのか」
ミスの原因を、ひととおり洗い出したら、意識を切り替える質問をしました。

「じゃあ、本当はどうなればいい?」
と、目的に意識を向けつつ、解決策を洗い出したのです。
すると、責め合う雰囲気が一転して、
「どうなったらいいか?」
の具体的なアイデアが、どんどん出てきたのです。

工場の動線を改善する案をすぐに作成し、実行に移し、実際に工程もミスも減らすことができました。
会議自体の所要時間も減り、その後の改善アクションもスピードアップし、チームの雰囲気としても、メンバーが新しいアイデアを話しやすい流れに一気に変わっていきましたね。

その後も、「みんなが休みを取るためにはどうしたらいいか?」なども積極的に話し合い、シフト調整や業務効率を上げるアイデアをどんどん出して、すぐに採用。
みんなで力を合わせて実行していきました。

平本式

すごいですね!
一体感も生まれそうですね。会議以外のコミュニケーションはどうでしたか?

濱松さん

普段の会話でも、「承認」を増やし、それぞれのメンバーが、少しでも周りに貢献しているところを指摘していきました。
1対1の面談でも、本人の価値観を引き出し、やる気を引き出し、具体的なアクションプランを一緒に作成することを心がけました。

しっかり話を聞いてもらった感覚とアクションのポイントも明確になるので、面談後は、すっきりとした表情で、活き活き仕事に取り組めるようになっていたと思います。 メンバー同士も、挨拶や笑顔の会話が増えたことが嬉しかったですね。

大変な状況を乗り越えたメンバーたちのことが本当に誇り

平本式

数ヶ月で、工場全体が前向きな雰囲気に変わったんですね。

濱松さん

「お互いに残業時間が減るように協力し合おう」 「自分のアイデアや意見も採用されるかもしれない」 そんな前向きな雰囲気になっていったと思います。それ以降、採用したスタッフは、辞めることなく定着し、繁忙期を一丸となって乗り越えることができました。残業時間も減らすことができ、ホッとしたことを覚えています。 大変な状況を乗り越えたメンバーたちのことを、本当に誇りに思っています。

平本式

その経験の後、講師として独立されたんですね。

濱松さん

はい。地元の静岡の自然に囲まれた地域に住みたいと以前から考えていました。
研修講師として独立すれば、その夢が叶うと思い、思い切って会社を辞めて起業しました。
辞める時は、大勢のメンバーが送別会をひらいてくれて、本当に感動的でした。

現在は、研修や1on1の導入サポートの仕事、そして、地元ならではの森でのリトリートなどの活動をしています。
「人が輝く職場」は、どんな立場でも、自ら作り出すことができると自信を持って言えます。
多くの人に、そのことを伝えていきたいです。

卒業生インタビュー の最新記事

目的論コミュニケーションで、経営も家庭も円満

「こんなに簡単に変化が起こるんだ!」クリニックの副院長として驚きの連続!〜夫を支えな…

  • 卒業生インタビュー
  • 2022.1.26
典型的なダメ出し上司から目的論で心理的安全性を高め、生産性アップ!

「ダメ出し上司」が気づいたのは?…仲間で支え合う方が個人も組織も力を発揮できるという…

  • 卒業生インタビュー
  • 2022.2.21
自信がなくて自己犠牲していたワーキングマザーが自分軸でブレずに頑張れるように(後編)

2児の子どもを育てながら、ソフトウェア会社にてフルタイム勤務で管理職に従事するワーキ…

  • 卒業生インタビュー
  • 2022.1.3
ワーホリ、転職…人生のどん底からの転機(後編)

平本式卒業生インタビュー:富永 早佑未さん 今回はカウンセリング4日間集中コース / 現場変革リ…

  • 卒業生インタビュー
  • 2022.3.30
濱松英生さん 組織全体が萎縮→目的論で協力し合える組織へ

危機的な状況から、数ヶ月で組織改革 平本式卒業生インタビューvol.1…

  • 卒業生インタビュー
  • 2020.1.16
チャレンジしても何かが足りなかった過去から 自分軸を見つけて、業界の第一人者として切り開くようになるまで

保育士→JICA→おむつなし育児の第一人者へ。大切にしたかったのは「人と人との関係」…

  • 卒業生インタビュー
  • 2022.3.10
BACK TO TOP